肌荒れ改善を促進する栄養素

ちょっとしたお肌の乾燥や吹き出ものが1つ出てしまった程度なら、化粧品を使って保湿することによって改善することができますが、何日も続くようでしたら普段の食事にて栄養が足りないということもありますので、肌荒れの改善に手助けすることができる栄養素を知っておきましょう。お肌に良いとされている栄養素といえば、コラーゲンやビタミンが知られています。コラーゲンは化粧品にも多く配合されており、美肌を目指す人にとっては必要な栄養素とされています。ビタミンもエイジングケアやニキビ肌の改善にはビタミンCが効果的ですし、吹き出もの対策としてはレバーや納豆などに含まれているビタミンB2やビタミンB6の摂取がベストとされています。化粧品でも補うことができますが、それでも乾燥肌で悩んでいる人はビタミンAのパワーで体の内側から予防することができます。
Continue reading “肌荒れ改善を促進する栄養素”

アスタキサンチンとは?

近年、アスタキサンチンという成分の名前をよく聞くことが有ります。どうも体に良いらしいという感覚はあるのですがアスタキサンチンというのはいったどういったものなのでしょうか。アスタキサンチンは自然界でよく見かける赤色の色素のこととなりカロテノイドの一種ということになります。身近なものでは鮭や蟹や海老といった殻の赤い色素などはアスタキサンチンということになります。また、アスタキサンチンは抗酸化作用を持つことで知られています。そのパワーは他のアスタキサンチンを持つ植物などとは比べものにならないほど強力なもので現在、非常に注目をされているものとなっているのです。アスタキサンチンの効能はこれ意外にも抗酸化作用に抗疲労作用や抗炎症作用、免疫強化、持久力強化などが認められています。一般的に我々が手軽にアスタキサンチンを摂ろうと思うと手っ取り早いのは鮭ということになります。ただ、毎日、鮭を食べるということも簡単そうで難しいものです。そのため、理想的なアスタキサンチンの摂取方法としてはサプリメントで摂るとうことが一般的となっています。

サプリでアスタキサンチンを摂ろう!

コラーゲンドリンクは効果ある?

コラーゲンドリンクは、巷で人気になっていますが、本当に効果はあるのでしょうか。肌を気にしてコラーゲンドリンクを飲み続けている人がいますが、口から入れても胃で吸収されるので、肌までは届かず、無意味だと言うことが最近一部では言われています。実際、コラーゲンドリンクは、飲むと美肌に効果があるとは謳っていません。肌が生き生きするというような曖昧なキャッチコピーが書かれているだけです。こうした表現は、ウソの効能とは言えず、表現の自由の範疇なので摘発はされません。口から摂ったコラーゲンは、アミノ酸などの低分子の物質に分解されてから吸収されることになります。そのため、食べたコラーゲンは皮膚のコラーゲンにはなりません。もちろん、体が必要とする優先順位でそれは決まるのですが、肌のコラーゲンが足りていないから、肌のコラーゲンになって欲しいというのはあくまで勝手な願望に過ぎません。体が必要とする優先順位を勝手に変えることは不可能です。しかし、コラーゲンドリンクは全く効果がないとは言えません。長く飲み続けていると、肌は次第にハリが出てきて、肌に保水力がでてきたという声もあります。結論を言うと、たんぱく質不足の人なら効果はあると言えそうです。

人気のコラーゲン飲料

現代人に多い眼病とは?

現代人に多い眼病とは、急激な視力低下です。視力が急激に低下した場合、重篤な病気の症状である恐れがあります。視力低下が急激な場合、失明の危険性もあります。他にも、緑内障、黄斑変性症、網膜剥離、網膜動脈閉そく症なども、現代人に多い眼病です。ドライアイも現代人が起こりやすく、涙の分泌量が減り目の表面が乾燥します。現代人は、パソコンを使用する機会が多く、一点を見続けることにより、マバタキの回数が著しく減っています。そうすると目の表面から涙が蒸発します。コンタクトやエアコンもその原因の一つで、目が乾きやすくなると、ドライアイが起こりやすくなります。そして日本人に最も多い目の病気と言えば、白内障があります。60代で7割、70代で8割の人が白内障になるといわれていて、現代人の最も多い眼病と言えます。目の老化による加齢性白内障が大半ですが、中には、糖尿病やアトピー性皮膚炎の合併症で若い人でも起きることがあります。白内障は目のレンズである水晶体が白く濁るのですが、その原因は水晶体を構成しているたんぱく質が変性もしくは水晶体の細胞が異常増殖するからです。

アスタブライト

すばやく顔のむくみを解消する方法

朝起きて鏡を見て顔がむくんでいたらすごくショックを受けますよね。顔がむくんでいる、そんな場合には顔のむくみを改善させるためにどうすればよいのでしょうか。忙しい朝ですしこれから大事な予定がある、なんていう時に顔がむくんでしまっていたらもうたまらないですよね。そんな朝の顔のむくみを素早く解消させることができる方法として、マッサージや軽い運動をするという方法があります。顔に余分な水分がたまってしまっているからむくみは起こるのです。なので余分な水分を流れやすくする必要があります。なので首をほぐす軽い運動やマッサージを行います。これは忙しい朝でも誰でも簡単に行うことができるようなものとなっています。それから顎から耳の方にかけてマッサージを行います。そして次に耳の後ろ側から首筋にかけてマッサージを行います。これらを行うだけでもだいぶ顔のむくみは解消されることかと思います。また肩回しや肩甲骨をほぐすような軽いストレッチを行うこともよいですし、全身のストレッチを行うというのもよいかと思います。やってみてください。

きらりのおめぐ実

むくみと病気の関係とは?

むくみと病気の関係は気になります。実は、むくみと病気は密接な関係があります。夕方になると足がむくんで靴下の跡がついたりすることはよくあります。翌朝には元に戻っているのですが、むくみは、水分の均衡状態を如実に表しています。足のむくみが翌朝に治っているのは、余分な水分が本来の場所へと戻るからです。一時的なむくみの現象は、病気ではいのですが、余分な水分を元に戻すことができない場合、病気が疑われます。病的なむくみは浮腫と呼び、全身性浮腫と局所性浮腫があります。体の中で一番むくみやすいのは足で、両足にむくみがある場合、心臓、腎臓、肝臓、内分泌系の病気の可能性があります。ただ、むくみの症状があるだけで、病気とは言えません。病気の場合、むくみと共に、他の症状が出てきます。夜間の呼吸困難は心性浮腫の特徴で、うっ血性心不全の症状が出ます。むくみだけでなく、静脈が拡張して膨れあがって見える症状が出た時は要注意です。腎性浮腫の場合、まぶたなどの顔がむくみます。ネフローゼ症候群の場合、全身に強いむくみが生じ、食欲不振や倦怠感が起こります。肝性浮腫の場合、腹水を伴うことが多いです。