Ostarine
3月 22

朝起きて鏡を見て顔がむくんでいたらすごくショックを受けますよね。顔がむくんでいる、そんな場合には顔のむくみを改善させるためにどうすればよいのでしょうか。忙しい朝ですしこれから大事な予定がある、なんていう時に顔がむくんでしまっていたらもうたまらないですよね。そんな朝の顔のむくみを素早く解消させることができる方法として、マッサージや軽い運動をするという方法があります。顔に余分な水分がたまってしまっているからむくみは起こるのです。なので余分な水分を流れやすくする必要があります。なので首をほぐす軽い運動やマッサージを行います。これは忙しい朝でも誰でも簡単に行うことができるようなものとなっています。それから顎から耳の方にかけてマッサージを行います。そして次に耳の後ろ側から首筋にかけてマッサージを行います。これらを行うだけでもだいぶ顔のむくみは解消されることかと思います。また肩回しや肩甲骨をほぐすような軽いストレッチを行うこともよいですし、全身のストレッチを行うというのもよいかと思います。やってみてください。

きらりのおめぐ実

3月 18

むくみと病気の関係は気になります。実は、むくみと病気は密接な関係があります。夕方になると足がむくんで靴下の跡がついたりすることはよくあります。翌朝には元に戻っているのですが、むくみは、水分の均衡状態を如実に表しています。足のむくみが翌朝に治っているのは、余分な水分が本来の場所へと戻るからです。一時的なむくみの現象は、病気ではいのですが、余分な水分を元に戻すことができない場合、病気が疑われます。病的なむくみは浮腫と呼び、全身性浮腫と局所性浮腫があります。体の中で一番むくみやすいのは足で、両足にむくみがある場合、心臓、腎臓、肝臓、内分泌系の病気の可能性があります。ただ、むくみの症状があるだけで、病気とは言えません。病気の場合、むくみと共に、他の症状が出てきます。夜間の呼吸困難は心性浮腫の特徴で、うっ血性心不全の症状が出ます。むくみだけでなく、静脈が拡張して膨れあがって見える症状が出た時は要注意です。腎性浮腫の場合、まぶたなどの顔がむくみます。ネフローゼ症候群の場合、全身に強いむくみが生じ、食欲不振や倦怠感が起こります。肝性浮腫の場合、腹水を伴うことが多いです。

 

Copyright 2009 健康マックスな体になるスーパーはつらつボディブログ. designed by MakeQuick and Wordpress Templates . |  Entries (RSS)Comments (RSS)